京大が分子「Bi-PIP」を開発

投稿者:ジーニアスプラス

 京都大学が5月25日に分子「Bi-PIP」を開発したと発表した。狙った場所の遺伝子を、人工的に活性化できる分子だという。これは、ガネシュ・パンディアン・ナマシヴァヤム助教、連携主任研究者の杉山弘氏、理学研究科の谷口純一氏らの研究グループによる成果である。

 遺伝子の活性は細胞内にあるヒストンコードと呼ばれるものにより、個別に制御されているという。このヒストンコードは別のタンパク質に「読まれる」ことで機能を発揮し、そして遺伝子を活性化させる。今回、ヒストンコードの1つであるP300中のブロモドメインに結合する分子「Bi」と特定のDNA配列に結合する分子「PIP」の二つを組み合わせることにより、狙ったDNA配列へ配置可能な分子「Bi-PIP」が開発された。そして、「Bi」の部分と「PIP」の部分がそれぞれの標的に結合すると、P300中に含まれるHATによって、ヌクレオソーム内のヒストンがアセチル化され遺伝子を活性化するという。

 研究グループは標的のみに「Bi-PIP」が作用すること、ヒト細胞に「Bi-PIP」を投与すると、標的配列の領域で遺伝子が選択的に活性化することを見出した。この成果は病気の治療や再生医療研究へ応用される可能性があると研究グループは説明している。また、同様のアイデアによって、さまざまなヒストンへの情報の書き込み方法が生まれることが期待される。