体内時計を決める酵素を発見

投稿者:ジーニアスプラス

 京都大学のJean-Michel Fustin 特定講師、岡村均 名誉教授(薬学研究科特任教授)らの研究グループは、体内時計をコントロールする酵素を発見したと発表した。詳細は国際学術誌「米国科学アカデミー紀要」にオンライン掲載された。

 2017年のノーベル賞受賞対象にもなった時計遺伝子の発見は、遺伝子に身体の時間を刻む構造が書き込まれていることを明らかにした。しかし、なぜ「24時間」という周期が決まっているのかは明らかになっていなかった。今回の研究では、夜になると猛烈な睡魔で眠りにつき、朝は早く起きてしまうという、家族性睡眠相前進症候群の患者の睡眠リズムの短い周期に注目。この病気は、Period2(PER2)という時計遺伝子の突然変異によってPER2タンパク質が不安定になり、体内時計の周期が短かくなってしまうことで起こるという。

 今回、この体内時計のリズムの安定化に重要な酵素であるタンパク質キナーゼを発見。この酵素は1つではなく、1つの遺伝子Ck1dから生み出される、正反対の機能を持つ新旧2つの酵素Ck1d1とCk1d2が、時計タンパク質PERを安定させることがわかったという。加えて、酵素のバランスを保つために「24時間」という周期が有効であることも判明した。

 研究グループは今回の成果を受けて、遺伝性の家族性睡眠相前進症候群の病態を解明したもので、睡眠リズムの研究に突破口を開いたものと期待されるとしている。