論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

京都大学、すい臓がんの新たな発生メカニズムを解明

投稿者:ジーニアスプラス

 京都大学iPS細胞研究所の研究グループは、すい臓がんが発生する新たなメカニズムとして、細胞が持つ役割がなくなり初期化する「脱分化」にあることを発見した。詳細は、2018年5月25日に「Nature Communications」で公開された。

 難治性の代表ともいわれるすい臓がんは、顕著な症状がないことから、早期発見が難しく、予後不良のがんとして知られており、発生メカニズムの解明によって早期発見に繋がることが期待されていた。細胞にはそれぞれ種類ごとに特徴的な役割があり(細胞の分化)、この分化した細胞が分化前の初期の状態に変化することを「脱分化」という。今回の発見では、これまでがんの発生原因の一つとされていた遺伝子変異だけでなく、細胞の脱分化もがんの発生要因であることが示唆され、すい臓がんの形成が脱分化によって促進されることが明らかとなったという。

 また研究では、脱分化のみや遺伝子変異だけではすい臓ががん化するには不十分であり、脱分化と遺伝子変異を組み合わせるとすい臓がんに進行することがわかったという。これまで、がんの発生メカニズムとして遺伝子変異が注目されていたが、今回の発見により細胞の「脱分化」への注目が予想される。