脳神経を観察できる画期的な磁気共鳴画像法が発明される

投稿者:ジーニアスプラス

 マサチューセッツ工科大学の神経科学者チームにより新しい磁気共鳴画像法(MRI:magnetic resonance imaging)が開発された。この方法を使えば直接的に脳内の神経活動をモニタリングできるようになり、MRIセンサーを使えば神経発火現象を引き起こすカルシウムイオンを検知することができる。

 従来型では神経活動の間接的な部分しか検知することができなかった。カルシウムイオンの濃度は神経系の信号伝達現象と深いかかわりがある。今まではカルシウムイオンを調べる方法は狭い範囲に対してのみであったが、MRIより大きな脳組織に使用でき、これにより高度で正確な検査が可能になったという。MRIはたんぱく質のシナプトタグミンと酸化鉄磁性体のナノ粒子の2種類の粒子を用いて検査を行う。ナノ粒子はカルシウムが存在するときだけシナプトタグミンと結合する。カルシウムイオンによってこれら2種類の粒子が結合すると、MRIの画像上では暗く表示される。カルシウムイオンが高いと神経活動の低下を表し、低いとニューロンが発火していることを意味しているという。

 今回の発明により、電気的刺激によって起こる神経活動を正確に検出することができ、いまだ謎が多い脳内について新たな発見が見込めるという。研究チームは今後技術を向上させて粒子を注入しなくても観察できるよう開発を進めている。