論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

塩素消毒でノロウイルス被害を防げる可能性を示唆

投稿者:ジーニアスプラス

 東北大学を代表とする研究グループにより、塩素による汚水の徹底した消毒がノロウイルスの感染リスクを下げるのにつながることが明らかにされた。東北大学大学院環境科学研究科の佐野大輔准教授、同大学院工学研究科、北海道大学、愛媛大学、長崎大学、北里大学などの複数の研究グループによる共同研究により得られた成果であり、Applied and Environmental Microbiology誌に掲載された。

 この研究では遊離塩素処理を行うウイルス群と遊離塩素処理を行わないウイルス群を用意し、感染価の違いを分析した。培養と希釈のみを繰り返した群に対し、培養と遊離塩素処理を繰り返した群では感染価の低下が確認されたという。この過程で遊離塩素処理群では遊離塩素感受性の低下が見られていることから、繰り返しの遊離塩素の曝露により、ノロウイルスの進化に影響を与えたものと考察されている。

 ノロウイルス感染は、日本を含む先進国だけでなく発展途上国ではより大きな社会問題となり、毎年多くの感染者が出て死亡者も相次いでいる。ノロウイルスが進化により新型になって猛威を奮うことも懸念視されてきた。そのメカニズムは未だに明らかにされていないが、同研究グループによる成果は社会インフラ整備によって上下水道の衛生環境の改善を図ることによりノロウイルスの被害拡大を抑えられる可能性を示しているという。