論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

ショウジョウバエの研究で判明「多様性がもたらすメリット」

投稿者:ジーニアスプラス

 千葉大学が高知大学、東北大学との共同研究により「個人の多様性が集団内のパフォーマンスを向上させる」と発表した。この研究はショウジョウバエを使った実験であり、英国科学誌「Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences」の電子版1月17日号に掲載されている。

 ショウジョウバエは遺伝的な理由で、おっとり型とせかせか型の2タイプが存在するという。研究グループはまず、餌による競争において少数派が有利になる環境とそうでない環境を作り出した。この環境に2つのタイプを混合、又は単独で飼育して生産性の違いを比較した。すると、少数派が有利になれる環境でのみ、2タイプを混合した集団が単独の集団より生産性を高めたという。この実験結果から「集団内に多様性があることで資源競争が緩和され、生産性が向上した」と考えられる。また多様性のある集団は環境の条件を変えた際、安定的なパフォーマンスを保つことも、数理データによって明らかになったという。

 一連の結果から、個性の多様さが集団の生産性や持続性のメリットになることがうかがえる。同研究成果によって、生物の効果的な保全や農作物生産の効率化、多様性に応じた社会貢献の活用などに繋がるかもしれないという。