論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

富士フィルムとエルピクセルが、医療向けAI技術開発を合意

投稿者:ジーニアスプラス

 富士フィルムと、医療関連の画像解析に強みを持つエルピクセルがパートナーシップを結んだ。今回の合意により、富士フィルムの医療画像システム「PACS」に、エルピクセルが開発した診断支援AI技術の搭載を目指していくという。

 PACSはCTやMRI、DRなどの医療画像をサーバーに保管し、院内端末に表示できるシステムだという。エルピクセルの開発したAI技術が加わることで、膨大な画像の中から必要なものをピックアップできるようになる。その技術によって読影診断の作業効率が高まり、医師の負担軽減に繋がると期待されているのだ。また、活用方法によっては画像から病変箇所を見つけたり、過去の症例と照合することも可能だという。さらに、半自動でレポートを作成できるとも言われている。

 今後、富士フィルムは医療支援に特化したブランド「REiLI(レイリ)」を展開すると発表した。REiLIでは医療画像診断支援や医療現場のワークフロー支援、医療機器の保守サービスに貢献できるAIを開発予定だ。エルピクセルとの共同開発は、これから様々なサービスを展開する上での一歩になるといわれている。AI技術の搭載で作業効率がアップすれば、医療に携わる者だけでなく、利用する患者にとっても喜ばしいことになっていく。