論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

「脈絡叢が視交叉上核よりも堅固な概日リズムを刻む」理化学研究所が発表

投稿者:ジーニアスプラス

 理化学研究所の発表によると「脈絡叢が視交叉上核よりも堅固な概日リズムを刻む」ことが発見された。

 「概日リズム」は生物の基本的生命現象であり、哺乳類においてはさまざまな生理機能を制御していることが知られている。これまでは哺乳類の時計中枢は、脳内視床下部に存在する神経核・視交叉上核であるとされていた。今回の研究ではマウスの脳における概日リズムを体系的に調べることで、脈絡叢が中枢時計よりも堅固な概日リズムを刻むことが発見されたという。

 また、組織培養系や遺伝子組換えマウスを用いた実験によって脈絡叢時計は脳脊髄液の循環によって中枢時計に作用し、概日行動リズムを制御していることも明らかになった。このことから薬剤などを使ってギャップ結合を制御することで中枢時計を介して概日リズムを操作できるようになる可能性も示されたことになる。今後は睡眠の意義との関連についての研究を展開していくこともできるとしている。

 今回の研究を行ったのは、理化学研究所脳科学総合研究センター精神生物学研究チームの内匠透 シニアチームリーダーらの国際共同研究グループで、研究の詳細は英国の学術誌「Nature Communications」に掲載されている。