東京大学、全ゲノム解読からオス・メスの起源を解明

投稿者:ジーニアスプラス

 東京大学は全ゲノム解読からオス・メスの起源を解明し、オス特異的遺伝子をもつ極小の領域を発見したと発表した。

 これまで生物学の分野では、どのようにして最初のオスとメスが誕生したのかは謎であった。両性の配偶子が未分化な祖先生物から、オスとメスがそれぞれ進化したと考えられていた。この進化の原因は両性で遺伝子組織の異なる「性染色体領域」と呼ばれるものが、オスやメスの特徴をもたらす遺伝子群を獲得し、それが拡大するものだと予想されていた。しかし、どういった遺伝子群を獲得しているのかは、これまで明らかにされていなかったという。

 そこで、東京大学の研究グループは、性進化のモデル生物群「緑藻ボルボックス系列」の次世代シーケンスを使って全ゲノム解析を行った。その結果、オスとメスが進化する初めの段階では性染色体領域は拡大せず、最初のオスは極小の性染色体領域 「OSU」を持っていたことが分かった。そして、この「OSU」を持っている性特異的遺伝子「OTOKOGI」の進化が最初のオスを生み出している原因だった可能性が示されたという。

 つまり生物がオスとしてスタートするのは、小さな性染色体領域に位置する遺伝子の進化だけで起きている可能性があると考えられ、今後はオス特異的遺伝子や同型配偶のMID遺伝子を用いた機能の比較解析や本遺伝子の下流遺伝子群の比較研究が期待される。