論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

アリゾナ州大学が、がんを破壊するナノロボットを開発

投稿者:ジーニアスプラス

 アリゾナ州大学の大学生チームが、がんの腫瘍を破壊するナノロボットを発表した。これはオリガミ技術を利用して開発され、様々な種類のがん腫瘍を破壊できる可能性があるという。この論文はアメリカの科学雑誌「Nature Biotechnology」で発表された。

 このロボットはDNAオリガミの平面シートに作られており、サイズは90nm×60nmとなっている。トロンビンで血管内の血液を凝固させることによって、腫瘍への血液を止めるという構造になっている。血液を止めることで腫瘍が死にがんが治るという仕組みだという。

 実験では、人のがん細胞を注入して腫瘍を発達させたマウスにこのロボットを使用し、無事にロボットは血流にのって腫瘍に到達したという。また、がん細胞が注射されていない正常なマウスに対しては免疫学的に不活性であった。もし、ナノロボットが脳に入り込んだ場合には脳卒中などの望ましくない副作用が起こってしまう場合があるが、ナノロボットが脳内に入り込むということはなかったと発表されている。

 ナノロボットのこのような治療法は、がんに対してだけでなくこの先様々な病気の治療に活用されることが期待されている。