東北大発 におい物質が高血糖を改善、新薬開発への期待

投稿者:ジーニアスプラス

 東北大学をはじめとする研究グループは、鼻の神経に存在し、空気中のにおい物質を感知する働きを担っている「嗅覚受容体」が、膵臓のインスリン分泌細胞(β細胞)にも存在していることを発見した。さらに、この嗅覚受容体がにおい物質の一つである「オクタン酸」からの作用を受けると、血糖値が高い時に限りインスリン分泌が促進することが明らかになったことを発表した。この研究は、東北大学大学院 医学系研究科 糖尿病代謝内科学分野の山田 哲也准教授、宗像 佑一郎医員、片桐 秀樹教授らのグループ、そして、同大 医工学研究科 病態ナノシステム医工学分野の神崎 展准教授、大阪大学大学院医学系研究科 幹細胞制御学分野の宮崎 純一教授らとの共同研究によるもので、日本医療研究開発機構や文部科学省科学研究費補助金のサポートを受けて行われ、1月24日に国際科学誌「 Scientific Reports」の電子版にも掲載された。

 

 ヒトやマウスでは、膵臓のインスリン分泌細胞に複数の嗅覚受容体が存在していることが分かったが、そのうちの「Olfr15」という嗅覚受容体が、におい物質の一つであるオクタン酸を感知すると、血糖値が高いときにのみインスリン分泌が促進されて血糖値を下げるという。この発見が、低血糖を起こすこと無く血糖値を改善してくれる糖尿病治療の新薬開発につながるのではと期待されている。