論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

京大と富士通が医療の高度化を志向し、AIの活用へ

投稿者:ジーニアスプラス

 京都大学、富士通、富士通研究所は、共同研究講座「医療情報AIシステム学講座」を京都大学大学院医学研究科に設置することを発表した。同講座は2018年1月から約2年間活動を行い、医療分野におけるAI(人工知能)の活用を目指す内容だという。

 共同研究講座の設置は、京都大学側はAIを用いた新たな研究テーマの発見や複雑多岐にわたるデータを活用した研究の推進、富士通側には豊富なノウハウの他分野への応用と医療分野での高度なAI技術の開発といったメリットをもたらすと考えられる。近年、医療現場ではデジタル化が進んだことで日々医療情報が蓄積されている。この情報をAIを用いて解析し、医療現場にフィードバックすることで最適な医療の提供に繋がることが期待される。

 しかし、医療情報とは診断画像や電子カルテの詳細、医療論文中での記載に遺伝子情報と幅広く、これらを統合して応用に導くためのAI技術はまだ確立されておらず、実現のためにはAIが詳細で時系列にわたる臨床情報を活用し、より高度な判断を下す必要があるという。そこで3者は共同研究講座を設立し、京都大学医学部病院の医療情報と富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を組み合わせ、医療用のAI技術の開発を目指す。その技術は診療支援や創薬の実現に加え、保険などへの応用を通し、幅広く社会に還元されることが期待される。