論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

京都大学、インフルエンザウイルスがゲノムを伝える機構を解明

投稿者:ジーニアスプラス

 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の野田岳志教授、東京大学の河岡義裕教授らの研究グループは、インフルエンザウイルスの遺伝情報を伝える仕組みを解明したことを発表し、1月4日、英国の科学雑誌「Nature Communications」で公開した。同グループの研究成果は、ウイルスRNAの集合機構を標的とした新規作用機序のインフルエンザ治療薬の開発につながることが期待される。

 

 ウイルスも他の生物と同様に親から子へとゲノムが受け継がれるが、8本に分かれたRNAをゲノムとして持つインフルエンザウイルスは、どのようにして子孫ウイルスにゲノムを伝えているかという仕組みについては解明されていなかった。

 同グループはこれまでに、子孫インフルエンザウイルスのRNA解析から、子孫ウイルスが特徴的な""1+7""という配置をした8本のRNAを取り込むことを発見していたという。さらに今回は、""1+7""のRNAのうち1本が欠損した7本のRNAしか持たない変異型子孫ウイルスも、""1+7""配置を取る8本のRNAを取り込むことを明らかにした。また、この場合の8本目のRNAは感染細胞のリボソームRNAだったという。

 今回の研究から、インフルエンザウイルスがゲノムを伝える際、""1+7""のRNA集合体を形成する過程が重要でなおかつ、ウイルスのRNAが不足する場合には感染細胞のRNAを奪う仕組みが備わっていることが新たに示された。