論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

MRIによる糖尿病性腎症の画像化に成功

投稿者:ジーニアスプラス

MRIによる糖尿病性腎症の画像化に成功 大阪大学は、磁気共鳴画像装置(MRI)を用い、糖尿病性腎症に罹患させたモデルラットの腎臓線維化を画像化することに成功したと発表した。同大学大学院医学系研究科の貝森淳哉寄附講座准教授(先端移植基盤医療学)らの研究グループによる成果で、英国科学誌「Scientific Reports」(オンライン版)に掲載された。

 糖尿病性腎症による組織線維化は、これまで腎生検でしか評価できず、MRIやエコーでの画像検査では困難であった。近年の研究により、拡散MRIで腎臓線維化が評価できる可能性は示唆されてきたが、糖尿病性腎症では組織の浮腫が画像に影響し、評価が不可能と考えられてきた。浮腫の影響を排除した評価方法が求められている中で、研究グループは、拡散MRIを多方向から撮影して画像化したDTI−MRIと、感度が高いスピンエコー法を組み合わせた撮影方法を開発。さらに、長時間腎臓の血液や温度を変化させることなく、腎臓を静止させて撮影できる特殊器具も考案した。

 今後は、生体で腎臓を固定する方法や、感度をさらに上げた撮影方法へと改良することで、糖尿病性腎症の進行程度を非侵襲的に、正確に、評価できる手法の実用化が期待されている。