論文執筆関連論文校正社がお届けする論文執筆に役立つ知識集

FASTシステムによる全脳イメージング

投稿者:ジーニアスプラス

 大阪大学大学院薬学研究科の橋本均教授、笠井淳司助教、未来戦略機構の勢力薫特任助教らの研究グループが脳全体を高速かつ精細に観察できるイメージング装置の開発に成功したと大阪大学が6月22日に発表した。

 脳は別々の機能を持つ多数の細胞が集まって構成されているため、脳全体の精密な観察はそのしくみを解明する上で必要不可欠なものだった。全脳をイメージングする技術はこれまでにもいくつかあったが、いずれの方法も高解像度、短時間で観察することはできなかった。今回開発されたイメージング装置FAST(block-face serial microscopy tomography)では、従来の数十倍という高速かつ、神経細胞の線維も観察できる解像度で撮影を行うことが可能となった。

 FASTシステムの開発の意義は大きく、脳全体をイメージングできるようになったことで、これまでのような特定の脳領域に限るのではなく、脳全体を対象にした様々な構造や機能の変化に着目した研究が行われることを期待されている。

 FASTシステムは、ストレス状態での神経活動の変化、毒による神経変性に対して、脳全体を観察することで脳の病気を解明、精神・神経疾患などの原因解明や治療薬、予防法の開発といったところに貢献できるという。